起立性調節障害(起立性低血圧)

起立性調節障害

新所沢のわかば鍼灸院です。

朝起きられない
立ちくらみがする
全身がだるい
食欲がない
立っていると気分が悪くなる
失神してしまう
動悸がする
頭痛がする

学校に行けず、こうした症状で、つらい思いをしている子は多くいらっしゃいます。
お子さんも、それを支えるご家族も、大変なことだと思います。
開院以来、起立性調節障害(起立性低血圧)に悩む患者さんと、そのご家族のお力になれるよう努力してきました。

 

【原因】

どうしてかな 本人の意思では、どうしようもない症状ですが、これは第2次性徴の頃、子供から大人に変わるときにおこるとされています。

自律神経が乱れて、心臓など循環系の調整がうまくいかないために、脳まで血液が送れず貧血になったり、動悸が起こるなど、様々な症状がでてきます。

【ご家庭でできる取り組み】

朝、布団から出られないと怠けているように思われやすく、でも、身体は動かないので、お子さんもつらいと思います。
こうしたお身体への、家族や周囲の理解が大事になってきます。

また自律神経を整えるために、生活面のサポートが欠かせません。
起床、就寝、食事、入浴の時間を一定にして、生活のリズムを整える。
昼夜逆転なら、2週ごとに15分から30分早めていく。
一度起きたら、ベッドで横にならないように促しましょう。

 

【当院の取り組み】

患者説明 起立性調節障害と医師の診断を受け、当院を受診される患者さんのお身体を拝見すると、多くの患者さんに「頭部の熱」「胸背部の熱」「舌先の赤さ」「首、背中の筋肉のこわばり」「お腹の冷え」といった所見がみられます。
これは、東洋医学でいう「上逆」という身体のバランスの崩れた状態を表しています。
東洋医学でいう身体の正常な状態は「頭寒足熱」といい、お腹から下が温かいことが大事と考えています。「上逆」は、まさに身体のバランスが逆転しています。

医師の診断・投薬はとても大事です。これを補い、高めていくのに東洋医学はとても役に立ちます。私たちは、鍼灸を用いて、くずれた身体のバランスを整えていくことで、乱れた自律神経の早期回復を目指します。

また、当院の鍼は刺激が少なく、乳児も受けられるものです。「手で触れ癒やす」という行為は、つらい思いをしているお子さんの心をリラックスさせる効果もあります。

一度乱れてしまった自律神経は、正常に戻るのに時間がかかります。
ご家族に、起立性調節障害でお悩みのお子さんがいらっしゃるようなら、一度、ご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ