産後の不調、バランス調整

産後の調整

当院の取り組みについて

 

出産という大きなイベントによって、母体は大きなダメージを受けます。
これは、自然分娩でも帝王切開でも変わりません。
骨盤は大きく広がり、腹筋はお腹が縮んでペコペコ。
髪の毛がぬけたり、手の指がこわばったり、
腱鞘炎や乳腺炎、妊娠前のズボンが入らないなど、多くのお悩みを耳にします。
これは、骨格もホルモンも、妊娠前に戻ろうと変化するので、起こることです。
今まで、出産の時期までお腹の中に赤ちゃんを子宮から出さないように頑張っていた身体が、
こんどは毎月の生理によって溜まったものを排出する身体へとします。
出産するときに変化するのは骨盤だけではありません。肋骨も広がるし、背中は丸くなります。出産するために体型が変わっていた「全身の」骨格も、元の位置に戻ろうと変化します。
こうした働きは、妊娠中に出されるホルモンと生理を起こすホルモンが切り替わることで起こります。
当院では、鍼灸によってホルモンバランスを整え、骨盤や骨格へのアプローチを行うことで、
皆さまのお悩みにお応えしています。
ホルモンバランスの調整も骨格へのアプローチも、両輪のように大事なことです。
院長は骨格へのアプローチが、女性スタッフは鍼灸が得意ですので、あわせて受診されることをオススメしています。

【回数・期間】
産後は、骨盤もゆるみやすく、安定していません。
身体は半年をかけて安定していきます。
1ヵ月後検診のあと、問題がなければ、開始できます。
最初は週1回程度からスタートし、
身体が落ち着いてきたら、徐々に間隔を開けていきます。

※赤ちゃん連れの方は、バウンサーやベビーベッドをご用意します。予めお知らせください。
※ベビーカーは乗り入れOKとなっています。

このページの先頭へ