冷え症

冷え症

当院にいらっしゃる患者様の7割は女性が占めており、
その多くが、身体の冷えを感じています。

「夜、足が冷たくて、寝られないんです。」

「職場のクーラーが寒くて、寒くて、困っているんです。」

夏、冬問わず、こんな患者さんが増えています。

夏なのに、ひざ掛けやカーディガン、

冬場は、靴下をはかないと寝られなかったり・・・

「はじめての方へ」のコーナーに細かく書きましたが、多くの方は自律神経の問題を抱えているようです。

 

どうして、自律神経が大事なのですか?

どうしてかな

自律神経は、内臓の働きのほかに、血管の収縮もコントロールしています。

緊張すると、手が冷たくなりませんか?

●ストレス

●運動不足・過労

●食事の不摂生(冷たいものをとり過ぎる、甘いものを食べすぎる・・・etc.)

●睡眠不足

こうしたことから、自律神経は影響を受けると、調整が追い付かず、乱れていってしまいます。

 

症例

 

当院の取り組み

患者説明

東洋医学では、全身に気血がめぐっている状態がよいとしています。
けれども、身体の「冷え」を訴える方の多くは、身体の中の熱を巡らす機能が低下し、どこかに偏ってしまっています。
結果として熱を巡らすことのできない部分(お腹や手足)が冷えてくることになります。

そんな時、当院で行う施術のポイントは「ふくらはぎ」です。
ふくらはぎのツボをしっかりとゆるめることで、肩まわり、お腹もゆるみ、全身の気血を巡らすことができるようになるのです。
ふだんから「冷え」を感じ、悩んでいらっしゃるなら、一度、ご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ