施術の流れ

鍼灸治療

1.予診票の記入
一番つらい症状や、その他の症状、過去に患った大きな病気など、予診表へご記入いただきます。5分ほどかかりますので、予約時間より、少し前にお越しください。
2.カウンセリング
お困りの症状について、お話を伺います。症状や体質、普段の生活の中から、症状の出てくる原因を探っていきます。
3.検査
身体の動きや筋力テストはもちろん、舌先を見たり、脈の強さ、おなかの硬さや、手足の冷えを確認することで、その人の体質や病位など様々な情報を得ることができます。

カウンセリングと、この舌診、腹診、触診によって、治療方針が決まります。
4.針灸治療
治療方針にしたがって、鍼灸治療を行います。

鍼は、必ずしも深く刺す必要もなく、ほとんど痛みを感じることはありません。「響き」といわれる、心地よい刺激が体に伝わってきます。灸は、熱さを感じる前、気持ちのいい暖かさを感じるところで消してしまいます。
5.治療後のアドバイス・会計
普段の食生活や、身体の使い方、ストレッチ法など、東洋医学や西洋医学の見地から、症状の改善となる方法をアドバイスさせていただきます。ご自宅でできる灸の指導も必要に応じてして行います。そのあと会計となります。

 

アロマ整体

1.予診票の記入
一番つらい症状や、その他の症状、過去に患った大きな病気など、予診表へご記入いただきます。5分ほどかかりますので、予約時間より、少し前にお越しください。
2.カウンセリング
お困りの症状について、お話を伺います。

症状や体質、ご本人の希望を伺います。普段の生活の中から、症状の出てくる原因を探っていきます。皮膚へエッセンシャルオイル(精油)を用いますので、皮膚の敏感な方は、お知らせください。
3.検査
アロマ整体も、身体の動きや筋力テストなどだけでなく、東洋医学の見地から、お身体の状態を確認いたします。舌先を見たり、脈の強さ、おなかの硬さや、手足の冷えを確認することで、その人の体質や病位など様々な情報を得ることができます。

カウンセリングと、この舌診、腹診、触診によって、およその治療方針が決まります。
4.エッセンシャルオイル(精油)の選択
お困りの症状、その日の体調を考えながら、精油を選択します。

精油を選択する過程で、早い方は症状が取れてしまいます。精油の力を実感する瞬間です。表に現れている症状のほかに、隠れている問題があることがあります。この場合は、2~3種類の精油をブレンドすることになります。
5.施術(STEP.1 整体)
精油だけでも十分効果がありますが、より、その効果を高めるために、整体によって身体を整えてゆきます。

当院の整体は、非常にソフトです。痛みを起こす整体は、交感神経を高めるため行いません。整体の手技によって、自律神経系、内臓系、筋骨格系の機能を高めます。精油の効果は、脳にある自律神経系の影響が大きく、整体との相乗効果を出すことができます。
5.施術(STEP.2 アロママッサージ)
未だ強い症状が残っている場合、アロママッサージを行います。

精油は、鼻孔からだけでなく、皮膚から吸収され、血中を巡ることとなります。アロママッサージは、手や足に行います。体幹部には行いません。オイルによる摩擦の刺激と、リズミカルな施術は、眠気を誘うほど気持ちの良いものです。

手や足の出る、ゆったりとした服装でお越しください。当院のアロママッサージは、マッサージ師の国家資格者が行います。
6.治療後のアドバイス・会計
普段の食生活や、身体の使い方、ストレッチ法など、東洋医学や西洋医学の見地から、症状の改善となる方法をアドバイスさせていただきます。

治療効果を高めるため、ご自宅でできるアロマスプレーをお持ち帰りいただきます(無料)。そのあと会計となります。
このページの先頭へ