肘の痛み(外側上顆炎・テニス肘・ゴルフ肘など) 症例

当院の鍼灸治療による施術症例です。

全ての方が同じ経過をたどるとは限りませんが、同じ症状にお悩みの方の参考になれば、うれしいです。

症例は随時、追加していく予定です。

症例1 カバンを持つと左肘が痛くなる

肘の痛み

【患者】
40代 男性

【来院】
2018年3月

【症状】
カバンなど、物を取ろうとすると、左肘がだんだんと痛くなってきて、つらくなったため来院。じっとしていても、少し痛い。

【随伴症状】
左腰の痛み。

【治療内容と経過】
第1診 左肘周囲の固さだけでなく、左背部の固さが目立つ。左背部の固さを緩めたところ、左肘の硬さも緩み、運動痛が減少したため次回とした。
第2診 左肘の痛みは、時々、動かすと感じる程度になった。じっとしていての痛みはない。左腰が重く痛むため、左腰の治療を追加。
第3診 左肘の痛みは、忘れていることが多い。残っている背中の固さを指標に施術した。
第4診 左肘の痛みを感じていない。左腰の治療に集中することにした。
第5診 時々、左肘の痛みを思い出す。左右の肩甲間部のコリを強く感じる。左腰部が重たい痛みがある。
第6診 左肘の痛みは無いため終了とし、肩甲間部と、左腰の治療に集中することにした。

【主な使用穴】
左肩甲間部

【考察】
今回は左肘の痛みだが、局所の痛みだけでなく、左肩甲間部のツボをよく使用した。これは、上肢を動かすときには必ず土台となる体幹部があり、そことつながる部分に異常が出ていることが多い。そのため連動して動く部分に負担が溜まり、痛みとなって現れると考えている。今回は、そのポイントをうまく見つけられた症例だった。

肘の痛み(外側上顆炎・テニス肘・ゴルフ肘など)のページに戻る

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ