妊娠中のトラブル(腰痛・つわりなど) 症例

当院の鍼灸治療による施術症例です。

全ての方が同じ経過をたどるとは限りませんが、同じ症状にお悩みの方の参考になれば、うれしいです。

症例は随時、追加していく予定です。

症例1

【患者】
妊娠中のトラブル1 30代 女性

【来院】
2018年10月

【症状】
現在、妊娠25週目。第2子の妊娠。
1ヵ月ほど前から、立ち上がり際、仰向けに寝るとき、寝返りで左腰・左股関節がズキッと痛むようになった。

【随伴症状】
首肩のコリ

【治療内容と経過】
第1診 左股関節周囲の固さが目立つ。左側に子供を抱くクセがあるとこと。足背・下腿・腰のツボを使用したところ、動きが改善したところで次回とした。
第2診 痛みがだいぶ減った。ズキッと痛まなくなった。お腹の張りがあり、右膝裏に痛みを感じる。
第3診 一昨日、上の子が楽しみにしていたディズニーランドに行ってきた。痛み少し出たが、調子よい。

※里帰り出産のため、いったん中止とした。

【主な使用穴】
豊隆、大腰

【考察】
妊娠初期と後期は、ホルモンバランスの変化のため、身体の負担が大きく変わる。この頃が、腰痛・股関節痛が出やすい時期となる。この時期は刺激に対する反応を予測することが難しいが、少ない刺激で結果を得ることができた症例だった。

 

妊娠中のトラブルのページに戻る

妊娠中の腰痛のページに戻る

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ