動悸

胸が苦しい

大勢の人の前で話すように、ドキドキする。
運動していたわけでもないのに、ドキドキする。

緊張しているときのドキドキは、誰にでも起こることですが、緊張するような時でもないのに、心臓がドキドキとするのが「動悸」です。

このとき、ふらつき・失神・胸の痛み・息切れが続く場合は、まず医師の診察を受けましょう。

けれども、心臓やその他の検査をうけたけれども、
「特に問題はないと言われた」
「気にしないようにと言われた」
こうした診断がでることも多いようです。
問題は無いと言われても、心臓が勝手にドキドキするのは不安が大きいですね。

病院に行って問題が無いと言われた動悸には、当院でお手伝いできるかもしれません。

 

どうして動悸が起こるのですか?

どうしてかな

心臓の拍動は、自律神経である交感神経と副交感神経からコントロールされています。

運動したり、不安や緊張があるときに心臓の拍動を強めるのは、交感神経の働きです。
逆に、リラックスしているなど安静時に心臓の拍動を緩めるのは副交感神経の働きとなっています。

病気が原因で、こうした動悸が起こることもありますが、病院で検査しても、ドキドキする動悸の原因が分からない場合は、この自律神経の失調から起こることが多いです。

 

では、どうしたらよいのでしょうか

まず、自律神経を整えることが大切になってきます。
自律神経が安定していれば、全身のすみずみまで、きれいな血液が行き渡ります。すると、内臓が元気になって、疲労も回復しやすくなります。

そのために見直さなければならないのは、「習慣」です。
過度なストレス
不規則な生活
食生活の乱れ
運動不足
睡眠不足
喫煙や深酒・・・
こうして、自分でも見直すことができるものもあります。
でも、もう一つ、とても大切なモノがあります。

 

私たちの取り組み

患者説明

もう一つ、自律神経を整えるために大切なモノは「呼吸」です。
イライラしたとき
不安なとき
落ち込んだとき
眠れないとき
こんなときは、自分の意思とは関係なく、いつの間にか呼吸が浅く、早くなっています。
自律神経の不調にお悩みの方の特徴は、この状態から抜けなくなっていることです。

私たちは過去の臨床経験やデータから、あなたに合った呼吸に関わるツボを選び、深く、ゆったりとした呼吸に導きます。
身体が本来の呼吸を取り戻すことで、自律神経の安定につながっていきます。
「動悸」にお悩みの方は、一度、当院へご相談ください。

 

患者さんの声

患者イメージ 7年くらい前から、動悸や目眩、耳のこもる感じ、手の震えなどいろいろな症状があり、病院で診てもらっても異常はなく、疲れやストレスと言われるだけで症状は変わらず悩んでいました。
週2回のペースで7回通いましたが、調子の良い日が増えて嬉しいです。

全文は口コミサイト エキテンへ

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ