肘の痛み(テニス肘など)

肘

新所沢の「わかば鍼灸院」です。
開業以来、多くの痛みを訴える患者さんと向き合ってきました。

ものをつかんで持ち上げようとすると痛い
タオルを絞ろうとすると痛い
トビラを開け閉めしようとすると、痛い
肘の周りが、じっとしていても痛い
肘や肘から下がだるい

あなたも、こうした肘の痛みにお悩みなのでしょうか?
手は、日常生活で必ず使うので、痛みがあるとつらいですね。

 

【なぜ、痛みが起こるのでしょう?】

上肢骨格

肘には、手指、手首を動かすための筋肉の付け根があります。
これらの筋肉の使いすぎにより、筋肉と骨とのつなぎ目に微細な断裂や炎症が起こることが原因とされています。
ふだんの日常生活でも、手は何気なくては使うものなので、知らず知らずのうちに、使いすぎ、負担が溜まり痛みが起こるのです。
スポーツでは、テニスのバックハンドでも、同様の症状を起こすことがあり、肘の外側が痛むものを通称「テニス肘」と言われています。また、同様に、肘の内側が痛むものを「ゴルフ肘」と言うこともあります。
整形外科では、痛み止めの湿布や注射をすることになります。ただし、注射は炎症は下がりますが、腱を傷つける側面もあるため、何度もできません。

 

【患者さんの声】

患者イメージ

仕事で肘を痛め、整形外科で痛み止めの注射を打ちましたが、半年で痛みが再発してしまいました。
鍼治療が良いと聞き、評判の良い「わかば鍼灸院」に通い始めました。
身体がどんな状態か、どのような治療が必要か、また自宅でできるストレッチ等しっかりと説明してくださいます。施術もとても丁寧です。
通院1ヶ月程で痛みが楽になり始め、本当にありがたく思っています。
口コミサイト エキテンより転載

 

【当院の取り組み】

一般に、痛いところをマッサージすることが多いと思いますが、気持ちは良くとも、改善はしません。
肘の痛みには、背中のツボや肩のツボといった、身体の動きを考えた施術を行わなければなりません。痛みのある場所だけでなく、どうしてその痛みが起こったのかを考えて施術することが大事になります。
当院では、そうした観点からの鍼灸治療はもちろん、その人に合わせた身体の使い方や、ストレッチをお伝えしています。
日々の生活で痛みが出た、スポーツで痛みが出るようになったら、長引かせないよう、お早めにご連絡ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ