股関節痛

整形外科に勤務していた時代から、多くの股関節痛に悩む患者さんを見てきました。

●痛くて歩けない

●寝返りがうてない・・・etc.


股関節は、体重を支える最大の関節なので、痛みが出ると、とてもつらいのです。

最初は、こわばりや、筋肉が張った感じ、しゃがみづらい、などから始まります。

何かおかしいな、と思いつつ、放っておくと、起床時や歩行時に痛みが出てくるようになります。

股関節だけでなく、膝の痛みとして訴える方もいらっしゃいます。



原因

原因は、いくつかあります。

生まれつき、股関節の受け皿が浅い方(先天性股関節脱臼)

左右の体重バランスが崩れ、負担になっている方。

実は、股関節由来の痛みではなく、脊柱からの神経痛の方。

元々、鼠径部ヘルニアがあり、股関節の動きがわるくなっていた方。

・・・といった患者さんを治療していきました。

小児の場合は、要注意です。

原因不明で、きちんと治る単純性股関節炎だけでなく、

ペルテス病、大腿骨頭すべり症が隠れていることもあります。

その場合は、手術や固定具が必要なこともあるので、

小児で痛みを訴えるなら、一度、整形外科の受診も考慮する必要があります。


当院の取り組み

先ほど述べたとおり、股関節は、体重の多くがかかる関節のため、痛みが取れにくい特徴があります。

当院では、重心や関節にかかる負担を変え、痛みの起こりにくい治療を、

鍼灸治療や整体によって行っていきます。

近隣の整形外科医と、すぐに連携の取れる体制をとっています。

まずは、一度、ご相談ください。

このページの先頭へ