殿部痛・お尻の痛み 症例

当院の鍼灸治療による施術症例です。

全ての方が同じ経過をたどるとは限りませんが、同じ症状にお悩みの方の参考になれば、うれしいです。

症例は随時、追加していく予定です。

症例1

【患者】
殿部・左肩・右肘40代 女性 看護助手

【来院】
2017年12月

【症状】
右殿部痛。3年前ぐらいから腰痛と共に発症し、1年半ほどカイロプラクティックに通って腰痛は取れたが、殿部痛は残ってしまった。休んでいると、右殿部から大腿後面にかけてズンズンと痛む。仕事の後は、歩行痛が出る。

【随伴症状】
左肩こり、右肘の痛み

【治療内容と経過】
第1診 肩こりは左だが、右背部に硬さが目立つ。背部のツボを使用したところ、左肩、右殿部がゆるんだ。以後、週1~2回のペースで治療を行う。
第5診 こたつでうつ伏せに寝ていたら、右肩の痛みが出現。しばらく右肩と殿部の治療となる。
第12診 殿部は忙しいときだけ痛むが、ふだんは感じなくなった。右肩は水平伸展の際に痛みが出る。
第16診 肩の治療終了。殿部中心の治療に戻す。膝周囲のツボを使用したところ、腰がゆるみ、腰椎に置鍼をした。
第17診 殿部の痛みが感じなくなった。以後、仕事の忙しさに合わせて、継続的に来院されている。

【考察】
背中の固い人は、肩こりが起こりやすいと同時に、殿部の筋肉も連動して緊張が強くなりやすい。今回は背中の緊張を主眼に治療を組み立てることで、同時に対処することのできた症例だった。

 

「殿部痛・おしりの痛み」ページに戻る

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ