妊婦さんの腰痛

新所沢で、妊娠中の腰痛に取り組む、はやし鍼灸整骨院です。

おなかが大きくなるにつれ、腰痛に悩んでいる妊婦さん、けっこう多いと思います。

妊婦用の腰痛バンドをしたり、

整形外科に行って、赤外線を照射されたり、

マタニティマッサージを受けてみたり、

シップを貼ったりて、なんとかしのいでいるようですね。

特に、最初のお子さんの場合、何をしたらよいのかわからず、一人で悩んでいるとも聞きます。

当院の取り組み

女性の身体は、妊娠することによって、ホルモンバランスが変化します。

また、お腹が大きくなるにつれて、重心も変わってゆきます。

つま先も、だんだんと外向きになってきますね。

そのため、骨盤や各関節に負担がかかり、腰痛が引き起こされるのです。

手は温かいけど、足先は冷たくなっていませんか?

当院では、鍼灸や整体によって、固くなってしまった筋肉をゆるめたり、

お灸によって血流の流れを改善することによって、

お腹によって滞りがちになっている、上下の気血の流れを整えてゆきます。

お腹については、基本的に鍼は用いませんので、ご安心ください。

緊張した腰背部を緩めることで、お産も楽になるそうです。

我々は、これを「安産の鍼」と呼んでいます。

妊娠して、腰痛に悩んでいる方は、一度、ご相談ください。

【症例】

30代女性、2人目を妊娠中。現在8ヶ月。

1歳のお子さんもいらっしゃり、育児にも忙しい中、腰痛を発症しました。

1人目の時にも腰痛はあったが、今回は足のシビレも伴い、歩くのもつらいとして来院されました。

今回は、1度目の施術でシビレが消失し、

2度目の施術で腰痛が改善されました。

ご本人がマタニティヨガをされているので、しばらく経過観察としました。


この方は、普段からご自分のケアをされていたので、早い結果となりましたが、

多くの方は、あまり運動する機会もなく、骨盤や筋肉が硬くなっていることでしょう。

大切な赤ちゃんですが、それを育むご自身の体調にも、気を配ってあげてくださいね。

産後ケアも大切です。

このページの先頭へ