逆子

逆子

「産婦人科の先生から、逆子なので帝王切開と
言われたのですが、なんとかなりませんか?」

こんな相談をいただきました。

先日来院された患者さんは、鍼灸とは縁のなかったのですが、
産婦人科の先生から出産予定日までするようにと、「逆子の灸」を教えていただいたそうです。

そこで、逆子の施術を行っている当院を調べて来院されたと仰っていました。逆子体操も苦しく、あまり効果が無いと勧められたそうです。

できるだけ、自然な分娩にしたい・・・

そんな気持ちのお手伝いができたら、うれしい限りです。

森三中の大島美幸さんも、「逆子の灸」をなさり、改善されました。

夫である鈴木おさむさんのブログに紹介されています。

 

どうして、逆子になるのでしょう

私たちの考えている逆子の原因は、冷えとお腹の硬さです。
逆子で来院される妊産婦さんのお腹は冷えていたり、また固いことが多いです。

逆子が指摘される時期には、まだ胎動が多く、赤ちゃんはよく動きますが、冷えがあったり、子宮周囲が硬く圧迫を受けると、寝返りをしにくくなって逆子の状態に落ち着いてしまうと考えています。

残念ながら28週を過ぎると、
徐々に成功率が落ちるというデータがあります。

これは、子宮の中で赤ちゃんが大きくなると、寝返りを打つスペースが無くなってしまうからです。

逆子といわれたら、早めに取り組まれるとよいと思います。

 

こんな口コミを頂きました。

患者イメージ

(口コミサイト エキテンより)

妊娠後期に逆子とお腹の張りで通いました。
施術は足首と小指に鍼灸をしていただきました。

鍼は思っていたより全然痛くなく、灸はじんわり温かく気持ちよかったです。

とくにお腹が張っている時は、腕や腰にも鍼をしました。
普段カチカチのお腹が一瞬でフワフワになり、とても楽になりました。

 

当院の症例

当院の取り組み

患者説明

まずは、妊娠中の体調や、元々の体質などを問診し、お腹の硬さなどを確認して、施術の方針を決めます。

冷えが確認できれば、下半身を中心にしっかり温めてゆきます。
お腹の硬さが、赤ちゃんの寝返りを邪魔しているようなら、お腹の硬さをゆるめるようにしていきます。
お腹には直接、針を刺すことはありません。腰や手足のツボを利用していきます。

逆子の場合、出産予定日までに赤ちゃんの寝返りを促さなければなりません。時間が限られているので、週1~2回の施術と、ご自宅でのお灸をおこなっていただきます。
できるだけ早く、逆子の改善を目指して、一緒にがんばりましょう。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ