頚(首)の痛み 症例

当院の鍼灸治療による施術症例です。

全ての方が同じ経過をたどるとは限りませんが、同じ症状にお悩みの方の参考になれば、うれしいです。

症例は随時、追加していく予定です。

症例1

【患者】
首の痛み症例1 50代 男性 歯科医

【来院】
2017年10月

【症状】
5日前に子供の運動会があり、疲れて右手を伸ばした状態で、右下にして寝てしまった。翌朝より右頚、右背部に痛み、右手第5指にしびれが出現。

【随伴症状】
なし

【治療内容と経過】
第1診 頚を前後に動かすと、右手に放散痛がでるため、背中のツボを使用したところ、頚を前後に動かしても放散痛が出なくなった。
第2診 シビレは低下し、右肩から前腕にかけて痛みが出ている。
第4診 痛みが低下し、日中感じる程度。
第5診 右肩に時々痛みを感じる。
第7診 しびれ、痛みない。わずかに筋力低下がみられる。学会発表が間近のため、中断。

【主な使用穴】
胸椎2番、3番、5番

【考察】
神経は圧迫をうけると、簡単に今回のようなしびれ、痛みなどの障害が発生してしまう。ただ痛みやしびれを訴える患部ではなく、身体全体の連動性を考えて鍼灸をした方が、回復が早いときづかされた症例だった。

 

「首の痛み」のページに戻る

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ