新所沢駅
徒步7分
所沢の肩こり、腰痛、不妊治療、自律神経失調症

予約制
ご予約・ご相談

かかとの痛み(足底腱膜炎)

1つでも当てはまるなら、ご相談ください。

実は、かかとの痛み(足底腱膜炎)の原因は「ふくらはぎのコリ」にあることをご存じですか?

このコリはとても深い場所にあるので、自分でストレッチしていても、なかなかゆるんでくれません。

でも、ご安心ください。鍼灸は深い場所にある筋肉の緊張をとるのを得意としています。

足底腱膜炎は歩くたびに患部を刺激してしまうので、ひどくなると数ヶ月痛みが続き、手術を行うこともあります。そうなってしまう前に当院へご相談ください。

当院の症例

患者イメージ

30代女性 介護職

普段、立ったり座ったりを繰り返す仕事に就いていて、起床時、両足のかかとに痛みを感じるようになっていたが、しばらくすると痛みが無くなるので放っておいた。すると、両足のかかとが腫れて痛みが強くなり、ふだんの歩く時にも痛みがとれなくなり、当院を来院されました。

腰から両足がパンパンに張っていて固く、とくに痛みの強い右ふくらはぎが固さが強いのが特徴的でした。

 腫れてうずく痛みのある右かかとにはアイシングをしながら、腰やふくらはぎにあるツボを使用。施術後にストレッチを行いました。

また、仕事中の痛みを緩和するよう、かかとにクッション材を処方しました。

最初は週2回の治療となりましたが、次第に腫れや痛みも下がり、徐々に来院間隔を開けていき、約3ヵ月で卒業となりました。

 

プロからの推薦状

「体質改善専門」あなたの整体院  院長 佐藤一路 先生


辛い気持ちを、全て受け入れてくれるでしょう
なたは、辛い肩こりや頭痛に対してどのような対処をしていますか?薬を飲んでいますか?その痛みに対してどのように感じていますか?
体質だから諦めるしかない、痛いのは仕方がないと思ってるのではないでしょうか?

一番大事なのは、その痛みをとってどうなりたいかです。日常で薬を飲んだり、仕事に支障が出たりすることが無くなることがあなたにとって一番大事です。

林先生は、私と技術を一緒に磨いた中です。先生は、私の仲間の中でも特に誠実な先生です。あなたの辛い気持ちを、全て受け入れてくれるでしょう。

鍼灸で頭痛を改善なんて信じがたいかもしれませんが、頭痛も健康問題から来ています。まずは、あなたの悩みを相談するだけでもいいので一度、林先生の所へ行ってみてはいかがですか?

【足立区北千住】「体質改善専門」あなたの整体院 院長 佐藤一路先生

ライフカイロプラクティックセンター 院長 国島勉先生


とても安心して体を任せられる先生です
林先生は現在の新所沢で開院される前に整形外科で長年勤務されてたこともあり医学的な臨床経験や知識も豊富にあります。
ですので、重篤な疾患の疑いがあるときなどは密接に医療機関と連携しながら対応していただけますし、とても安心して体を任せられる先生です。わたし自身の体のケアもいつもしてもらいたいと思っています。

林先生とはセミナーへ勉強に行った際のご縁でお付き合いさせて頂くようになりました。とても親しみやすく温和な雰囲気で優しさを感じられるので最初からとても接しやすかったことを覚えています。

林先生の患者さんも皆さんそのお人柄に安心して癒されてるはずです。

同じ新所沢の地で地元の健康に携わるカイロプラクターとして自信をもってお勧めしています。カイロと鍼灸お互い補完しあいながら一緒に地元の健康を支えていきたいと思える先生です。

【所沢市新所沢の整体】ライフカイロプラクティック院長 国島勉先生

ご予約・お問い合わせ

予約制

※新規受診の患者様は1日2名までとさせていただいております。

LINEでのお問い合わせやご予約も受け付けております。 LINEでも24時間予約

どうして、痛みがでるのでしょうか

人間の足の裏は「土踏まず」といって、体重をバネのように支えるアーチ構造になっています。バネとなっている筋肉の付け根(腱膜)が踵の骨に付いていて、次のようなケースで筋肉の付け根に負担が溜まり、痛みとなります。

①足裏のアーチが高すぎたり、低すぎる。座り仕事が長い。ふくらはぎやアキレス腱が固い。
こうした人は、急に運動量が増えたり靴やサンダルを変えたりすることで、負担が溜まりやすく症状が出ます。

②ランニングやダンスをする。立ち仕事の人、歩き仕事の人。
こうした方は、長時間の負担が溜まった結果、症状が出てきます。

骨への負担が長時間続くと、骨が出っ張り、骨のトゲとなって刺激を強くしてしまうこともあります。 また、腱膜の断裂まで進んでしまうと、回復には長期間を要することになります。

痛みが出た時の対処法

一般的な対処法

整形外科ではレントゲンを撮影し、鎮痛剤や湿布が処方されます。同時に、ストレッチや電気治療を行われます。レントゲンで踵の骨にトゲのような変形が見られ、痛みが取れないと判断された場合は手術となることもあります。

当院の取り組み

足の裏の筋肉が硬くなるのは、「ふくらはぎのコリ」が原因です。 ふくらはぎの緊張は、足裏の筋肉の緊張を生みます。
このコリはとても深い場所にあるので、自分でストレッチやマッサージをしてみても、なかなかゆるんでくれません。

緊張を起こしている足裏の筋肉の負担をできるだけ早くとり、起きている炎症を鎮める必要があります。ここで、私たちがオススメしているのは鍼灸でのアプローチです。

鍼灸では、指では届かない深い場所にあるふくらはぎのコリをゆるめて足裏の筋肉の緊張をとり、痛みを起こしている患部の回復を促します。

また当院では、鍼灸治療だけでなく、タイプに合わせたストレッチやトレーニング、痛みを和らげる靴のクッション材を処方しています。

院長からのメッセージ

かかとの痛みは、歩くたびに痛みを感じるのでお辛いですね。最初は痛みがすぐに無くなるのでいいのですが、痛みがとれにくくなったら要注意です。

足裏の筋肉が骨に付くための腱が小さな断裂をくり返して炎症をおこしている可能性があります。歩くたびに傷口に刺激をしてしまうので、長引く傾向にあります。そうなる前に、早めにご相談ください。

ホームページ限定割引

新患1日2名 限定20名まで

  • 通常料金:初回9000円
  • 割引後料金:初回7000円(税込)

ご予約・お問い合わせ

予約制 04-2923-0520

※新規受診の患者様は1日2名までとさせていただいております。

LINEでのお問い合わせやご予約も受け付けております。

LINEでも24時間予約

関連するその他の適応疾患