ギックリ腰(急性腰痛)

ギックリ腰

はじめまして、わかば鍼灸院院長 林 弘観です。

このページをご覧になっているあなたも、ギックリ腰にお悩みなのでしょうか?
かつて私も、ギックリ腰をくり返していて悩んでいました。
今の私が、こうした仕事に就いているのも腰痛に悩んでいたことがキッカケです。
仕事中、痛みに不安を抱えながらいたのを思い出します。

・朝、起きようと寝返りをうったら痛い
・顔を洗おうと思ったら痛い
・トイレから立ち上がろうとしたら痛い
・重いものを持ったら痛い
・くしゃみをしたら痛い

いつもならなんでもないことが、できなくなる・・・
明日の仕事はどうしよう・・・

こんなことを考えていました。

整形外科や整骨院で電気治療をしたり、テーピングをしたり、いろいろ試しました。
そんな中、出会ったのが鍼灸です。私は、腰痛が鍼灸で治ったことで、鍼灸師を目指す事になりました。

 

どうして、ギックリ腰になるのでしょうか?

腰に急に痛みが出るのが急性腰痛、いわゆるギックリ腰ですが、

・慢性的な筋肉の緊張
・日常的な姿勢のクセ
・普段から腰に違和感、痛みがあったのを放っておいた
・以前、ギックリ腰になったが、その後のケアをしていない
・食生活の乱れからくるお腹の冷え
・ストレス

こうしたことが原因です。

何気なく動いたつもりが、急に筋肉や関節まわりが引きつってしまい、

・動けない
・腰に力が入らない
・座ってられない
・横にしか寝られない
・時には、足やお尻にしびれを感じる

こうした状態に陥ってしまいます。

 

患者さんの声

患者イメージ

仕事中に、ぎっくり腰になってしまいました。父と主人が以前よりお世話になっていまして、主人が受診を勧めてくれました。
鍼は初めてでしたが、先生が丁寧に症状を診てくださり、どのように治療をすすめていくか説明してもらったので安心でした。
ほとんど痛みのない鍼と、暖かいお灸で、腰の痛みも日に日にやわらぎ、仕事に復帰する事ができました。

口コミサイト エキテンより転載

 

当院の症例

当院の施術方針

昔は、痛みがあるときは横になって休みなさいと言われていましたが、近年の研究では、できるだけ早く動いた方が、治療期間が短くなることが分かっています。

施術の様子

わかば鍼灸院では全身362個のツボを駆使して、「痛いから動けない」状態から、「動ける」状態になれるよう施術をしていきます。

中には、近くの整体院やマッサージ院に行って
「横になれるようになってから来てください。」
と言われて施術を受けられなかったという話も聞きますが、来院さえ出来れば痛みが出た直後から施術は受けられます。

早めのケアを心がける事で元気な身体を取り戻し、
仕事や家庭、学校など、思い切り取り組めるようにしていきましょう。

痛みの激しい場合は、ある程度症状が楽になるまでは週2~3回の施術が必要です。
ある程度動かせるようになってくれば週1回の施術、2週間に1回の施術と来院頻度も変わっていき、痛みが無くなれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして、ぎっくり腰になった人に必要なのは、普段からのケアです。
痛みは、ある程度、筋肉の緊張がとれてくると「感じなく」なります。
その時はまだ、身体の中に「芯」として緊張が残っているのです。それを放置しながら、今まで通りの生活に戻ることでギックリ腰をくり返す事になるのです。

わかば鍼灸院では、自分でできるセルフエクササイズをお伝えすることで、自分でセルフケアをできるようにすることと、当院での月1回のメンテナンスをすることで、腰痛の不安なく過ごせるようお手伝いをさせていただいています。

マッサージや整体ではうまくいかなかった、鎮痛剤や電気治療では変化がないとお悩みの方は、一度、ご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ