顔面神経麻痺のセルフケアについて

顔面神経麻痺のセルフケア

顔面神経麻痺の後遺症を予防し、神経の修復を助けるためには、セルフケアが欠かせません。

セルフケアを行わなかった場合、発症から6ヵ月で回復が止まり、セルフケアを行った場合は1年以上も回復が続くとされています。

あなたにやっていただきたいことは3つです。
1. 冷やさないこと
2. マッサージ
3. お灸

私たちは施術を通してあなたを応援していきますし、あなたも積極的に取り組んでください。

☆冷やさないこと、あたためること
神経の修復に必要な栄養を血液が運んでくれます。冷たい空気で首元を冷やさないようにしましょう。
夏場もエアコンには注意してください。

発症から1週間たったら、血流をよくするために蒸しタオルやホッカイロで温めましょう。
温めることは1日何回行ってもかまいません。
10分程度で耳の下や首元、顔をまんべんなく温めてください。


☆マッサージについて
マッサージは軽いタッチで行います。縦10回横10回を交互に同じ力で行います。

マッサージを行う範囲は額からこめかみ、アゴからアゴ先まで。続いて頬骨から頬、ノドの順に少しずつ指をずらしながら行っていきます。

最低朝晩2回はおこないましょう。
気になったら行うなど、できるだけマッサージを行う頻度は細かい方が改善につながります。
麻痺した側だけで無く、左右とも行いましょう。

細かい方法は、こちらからどうぞ。


☆お灸のしかた

用意するもの
お灸
ライター
燃えない材質のお皿

お灸によって、ツボへの刺激を自宅でも行うことができます。

あなたの状態に合わせたツボをスタッフが選びます。指定されたツボに1日1回行いましょう。
お灸の燃焼時間はおよそ3分から4分ですが、熱いと感じたら時間を待たず、ヤケドをする前にお皿へ取り去りましょう。

お風呂の前後1時間は避けて行ってください。

細かい方法は、こちらからどうぞ。

このような症状はお任せください

婦人科系疾患

生理痛
つらい生理痛でお悩みの方
妊娠中のトラブル
妊娠中のつわり、腰背部痛、胸焼け、むくみでお悩みの方
逆子治療
産婦人科で逆子と診断されお悩みの方へ
不妊治療
不妊症治療を始め更年期障害・生理痛・生理不順・冷え性でお悩みの方

自律神経系疾患

頭痛
慢性的な偏頭痛や頭痛でお悩みの方
めまい
めまいやふらつきなどの平衡感覚のトラブルでお悩みの方
動悸
ドキドキする胸の苦しさでお悩みの方

耳鼻咽喉科疾患

突発性難聴
突発的な耳の閉塞感、難聴などの耳のトラブルでお悩みの方

整形外科系疾患

肩こり
痛くて腕が上げられないなど、辛い肩の痛みでお悩みの方
腰痛
慢性的な腰痛でお悩みの方
股関節痛
つらい股関節の痛みでお悩みの方

その他の疾患

その他の適応疾患一覧
こちらに記載のないその他の適応疾患はこちら